2010年04月26日

<たま電車>初の模型が登場、子どもたちに人気 鉄道模型フェス(毎日新聞)

 和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長「たま」を車体に描いた「たま電車」の初の模型が、和歌山市の遊園地「ポルトヨーロッパ」で開かれている「鉄道模型フェスティバル2010」にお目見え、人気を集めている。

【写真特集】たま電車実物と模型をいろんな角度からみる(たま駅長本人も登場)

 1両の長さが10・5センチで2両編成。同電鉄では昨年3月、貴志駅のたま駅長が人気となったことから、白地の車体に跳んだり寝転がったりする101種類のたまのイラストをあしらった「たま電車」をつくり、運行を開始。今回の模型にも多数のたまのイラストがあしらわれ、見学者が操作レバーを動かして走らせることができる。

 「鉄道模型フェスティバル2010」ではほかにも、同電鉄の「いちご電車」や「おもちゃ電車」、JR京都駅と新宮駅を結ぶ特急「オーシャンアロー」や新幹線「700系レールスター」、蒸気機関車など計10種類の模型の操作が可能。また、フランスやドイツの海外の列車など60種類以上の模型も展示している。9月5日まで。午前10時〜午後5時。6月28日〜7月2日は休園。入園料は中学生以上1400円、3歳以上800円で、「鉄道模型フェスティバル2010」の見学はさらに500円必要。【毎日jp編集部】

【関連ニュース】
【写真特集】時に凛々しく時にキュート 就任からこれまでのたま駅長
【関連フォト】福井鉄道にたま駅長のライバル出現!?
【写真特集】さよなら、500系のぞみ号 超人気車両ラストラン完全詳報
【写真特集】顔のように見える可愛い新800系つばめが民家の軒先に
【写真特集 模型も実物も満載】鉄道博物館:“聖地”で「テツ魂」を体感

「クレイジーなことをやろう」警官に生卵投げた少年ら逮捕(産経新聞)
官房長官、仙谷氏の衆参同日選発言を批判(産経新聞)
非番で…消防士が酒気帯び運転、逮捕 和歌山(産経新聞)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
マンションから飛び降り?高1女子が死亡(読売新聞)
posted by イガラシ シゲキ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。